西島秀俊、篠原涼子と3度共演で振り回されっぱなし? 「1度目は撃ち殺されて…」 映画「人魚の眠る家」ワールドプレミア4

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の篠原涼子さんが主演した映画「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)のレッドカーペットイベントと舞台あいさつが10月29日、東京・六本木で開催された「第31回東京国際映画祭」(TIFF)内で行われ、篠原さんや共演の西島秀俊さんらが登場。篠原さんと3度目の共演という西島さんは、「1度目は恋人未満の役で(篠原さん演じる女刑事に)撃ち殺され、2度目は(篠原さん演じるアルコール依存症の妻に)振り回され……」と振り返り、夫婦役となった今回も「また振り回されましたね」と話し、会場の笑いを誘った。

 映画は、篠原さんと西島さんが演じる夫婦が娘の命と向き合うヒューマンサスペンスで、篠原さんは「お互い(実生活で)家族を持った状態で共演するのは今回が初めてで、母親、父親というところが実生活と重なるので、お互いいろいろな話をしましたし、考えさせられるものがありました」と語った。

 西島さんは「やはり、篠原さんがご結婚されて、お子さんが生まれて、その中で実人生で積み重ねてきた重みというか、演技の深さはすごく感じました。特に今回の作品は、家族や子供についての物語なので、篠原さんの実人生ごと役に向かっていったのかなと感じています」と語っていた。舞台あいさつには、共演の坂口健太郎さん、川栄李奈さん、山口紗弥加さん、田中泯さん、堤監督も登壇した。

 映画は、東野圭吾さんのベストセラー小説が原作。2人の子を持つ薫子(篠原さん)と会社を経営する夫・和昌(西島さん)は別居状態で、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。ある日、娘がプールで溺れて意識不明になり、回復の見込みがないわが子を生かし続けるか、死を受け入れるか、究極の選択を迫られる……という展開。同作は、TIFFの新設部門「GALAスクリーニング」で上映された。